もっと効果のある牡蠣サプリを探している方へ!

もっと効果のある牡蠣サプリを探している方へ!

牡蠣サプリの基本的な選び方

今まで亜鉛サプリを飲んでもあまり効果がない方は次に紹介する注意点に気をつけてみてください。亜鉛サプリは食品と同じなため副作用は無いのですが、原料の選び方を間違ったり、組み合わせる食品によっては効果が下がってしまうことがあります。

 

  • 食品由来の原料を使っていること
  • レモンを組み合わせると良い

 

主な注意点はこの2つです。まずは亜鉛をどの原料から作られているかチェックしてみてください。サプリのパッケージには原料が全て記載されていますから、袋や容器を見ればわかります。

 

そのときに亜鉛がどんな由来なのかを確認します。グルコン酸亜鉛と記載されているものは原料が合成、牡蠣やすっぽんなど食品の名前が記載されていれば天然だとわかります。合成亜鉛は今では医薬品にも使われ安全性は確保されています。ただし過剰摂取を避けるためや、食品由来のほうが様々な栄養を一度に摂れることからおすすめしています。牡蠣サプリは、その中でも最近、人気が高いです。

 

亜鉛自体は古くから医薬品として利用されてきた実績を持ちます。傷の修復、胃潰瘍の治療などにも期待されています。この場合は医薬品として短期的に使用するものですし、医師の指導のもと使うため安全性は確保できるといえます。

 

しかし、亜鉛サプリは毎日の健康を支えるものですから、長期間続けても安全な食品由来を選ぶことをおすすめします。

 

亜鉛アプリを賢く選ぶ

関連サイト

http://xn--vck8crc8c591swffo34bdq1e.com/・・・栄養価が高くおすすめの亜鉛サプリ

ビタミンCサプリと組み合わせる

亜鉛は吸収率がもともと少ないミネラルですから、できるだけ体に取り込むためには組み合わせる栄養が重要となります。組み合わせる栄養にも様々なものがあります。

 

  • アミノ酸を一緒に摂る
  • ビタミンCを組み合わせる

 

この2つがおすすめです。サプリメントとして組み合わせやすいのはビタミンCです。亜鉛サプリメントを飲む際に一緒に飲んでおくと、亜鉛の吸収率は上がります。

 

通常亜鉛の吸収率は最大で40%ほどです。組み合わせ方によっては5%にまで低下してしまうことがあります。これをできるだけ40%に近くするためにビタミンCは役立ちます。

 

ビタミンCはキレート作用が起こり、亜鉛を吸収しやすくしてくれます。過剰に摂取しても不要な分は排泄されますから、少し多めに飲んでも大丈夫です。ビタミンCは政府が進める量だと少し足りない人もいるため、ストレスの度合いや体の状況により調節してみてください。

 

ビタミンCを取り入れる場合もできるだけ天然由来成分で作られたサプリをおすすめします。亜鉛サプリの成分とも相乗効果により高められる可能性があります。原料はレモンなどフルーツ由来のものが多くなっています。

 

また、サプリメントの量を増やすのを避けたい方は、ビタミンCたっぷりのスムージーと亜鉛サプリを組み合わせる方法もおすすめです。

皮膚の新陳代謝を高める飲み方

亜鉛は古くから傷を治す効果が認められており、医薬品の分野にも活躍してきました。塗り薬に含まれることもありますから、その効果は実証済みです。傷を治すまで必要なくても、日常生活で皮膚の代謝を高めたい方も多いはず。亜鉛サプリメントの効果を高める方法を利用してみてください。

 

  • インスタントラーメンを食べる方
  • パンが好きな方

 

これらの方は元々亜鉛の摂取量が少なく、穀物に含まれるフィチンにより亜鉛の吸収率が低下しています。このような食生活の方は亜鉛が少なく傷も治癒しにくくなりますから、亜鉛サプリで傷跡を残らないよう対策することもできます。

 

肌のターンオーバーを高め新陳代謝をよくする目的で亜鉛を活用するなら、飲む時間帯は夜寝る前がおすすめです。傷の修復や細胞の合成などは夜に活発化します。夜中には成長ホルモンが多く分泌し、これにより細胞の代謝が活発になっています。

 

また、傷の治りを早くしたい方は亜鉛サプリを飲むのと同時に、亜鉛が配合されている軟膏を利用する方法もあります。この軟膏は昔から使われてきたもので、現在でも売られています。不明な点は薬剤師の方に聞いてください。

 

配合されている成分は「酸化亜鉛」となります。ステロイドと異なり副作用が少なく、肌の合成を助け治癒力を高めてくれます。効果が穏やかなため子どもにも良いかもしれません。

成長を高める飲み方

亜鉛はたんぱく質の合成やDNAやRNAの合成にも必要なことはわかっていますが、不足すれば成長が阻害されることもあります。つまり亜鉛サプリを服用すれば、食生活が乱れている人の成長を正常にすることができるといえるのです。

 

  • 思春期の成長に
  • 胎児の成長のため妊婦さんに
  • 子どもの成長に

 

これらの目的で亜鉛サプリは使うことができます。実際に過去の例では成長が阻害された若者を調べたところ、亜鉛の摂取量が極端に少ないことが確認されています。成長は胎児から思春期まで活発となりますから、この期間に亜鉛が不足するようならサプリで補うのも良い方法です。

 

思春期の子どもの場合は体の成長だけでなく生殖器官の成熟にも亜鉛は関係します。胎児の場合は母体の栄養状態に左右されやすいため、妊婦さんが亜鉛の摂取量に気をつける必要があります。

 

子どもも好き嫌いが激しい場合や、アレルギーがあってバランスよく食べられない子ども、スナック菓子や加工食品を好む場合は亜鉛サプリが役立ちます。

 

また、高齢になっても亜鉛は必要となります。体の成長こそはしませんが、骨を丈夫にすることがわかっています。骨粗しょう症の予防として中年以降から高齢者にもおすすめできます。

ホルモンを高める飲み方

亜鉛はホルモンの合成にも関与しています。ホルモンは性ホルモン、甲状腺ホルモン、インスリン、神経伝達物質など様々なものがあります。ホルモンが正しく分泌して体が正常に機能することができます。

 

  • 不妊症治療のために
  • 女性特有の月経のトラブルに
  • インスリンの分泌を調え糖尿病の予防に
  • うつ病の予防に

 

これらの目的で亜鉛サプリは利用することができます。ホルモンはどれを取ってもたんぱく質が元となりそれを合成する亜鉛が必要となります。どのホルモンのバランスを整えるためにも亜鉛サプリは有効となります。

 

性ホルモンが調えば月経異常や不妊症対策になりますし、インスリンが分泌できれば結果的に糖尿病の予防にも繋がります。神経伝達物資が分泌すればうつ病の予防にも繋がると考えられます。

 

糖尿病など病気を持っている方も、亜鉛は食品の一種ですから副作用は起こりません。ただし薬の飲み合わせなどは影響することがありますから、服用前に医師か薬剤師の方に相談してください。

 

予防の意味で亜鉛サプリを飲むなら、1日2回など分けて飲むか、寝る前に飲んでホルモン合成を高めるのがおすすめです。薬とは違いホルモンが増えすぎることはなく、ホルモンを作る材料を増やすだけですから、不要な亜鉛は体外に排泄されます。

味覚異常の飲み方

亜鉛は味を感じ取る舌にある味蕾に影響しやすくなっています。とても代謝が早い細胞のため、亜鉛が不足すると新しい細胞が作りだせず味覚が異常になります。

 

  • 何を食べても美味しくない
  • 高齢になり食事が楽しくなくなった
  • 味がわからない

 

これらの症状がある方に亜鉛サプリはおすすめです。高齢者になると誰でも亜鉛の吸収率は下がるため、今までのように食事が美味しいと感じられない人も出てきます。食欲が落ちていればその原因は亜鉛不足かもしれません。

 

ちなみに亜鉛は唾液の中にも含まれています。体の中で亜鉛の量が減れば、重要な器官へと優先的に回されてしまいます。さらに味蕾のように細胞の代謝が激しいところでは亜鉛の量が追いつかなくなります。

 

また、薬を飲んでいる方は薬の作用により亜鉛が低下してしまうことがあります。利尿剤や降圧剤、抗生物質を長期間服用している場合は、その一部で味覚障害が認められています。

 

持病をお持ちの方は薬を勝手に止めるのではなく、医師や薬剤師の方に相談しながら亜鉛の摂取量を調節すれば味覚異常も改善しやすくなります。

 

味覚異常を亜鉛サプリで解消するためには、こまめに分けて亜鉛を摂取することが大切です。味蕾は代謝が早い細胞ですから、1日の中で亜鉛の濃度が変化しないよう分けて飲んでみてください。

 

亜鉛アプリを賢く選ぶ

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ